「禅の言葉に触れよう」~不安とは? 〜大安禅寺副住職 愚天 玄峰〜

「禅の言葉に触れよう」というのが今回のテーマです。不安な出来事が多い世の中、「禅の言葉」でどう不安と向き合うのでしょうか。

法話や坐禅を通しての青年育成や地域活性に向けての布教活動を積極的に行っている福井の大安禅寺副住職の愚天 玄峰がお伝えします。

玄峰 和尚

昭和57年7月24日生まれ。
平成17年京都大本山妙心寺専門道場に掛塔。修行後、平成21年5月に大安禅寺副住職に就任。また更なる活動の場を広める為、平成22年4月同派滋賀北陸教区青年僧の会を発足、平成26年6月には大本山妙心寺派布教師適任証を授かる。
現在は、「仏教」や「禅」をもっと身近に感じてもらえるようにと、県内外問わず法話や坐禅、また様々なイベントを企画しそれらを通して青少年育成や地域活性化の為、日々精力的に布教活動を行っている。

大安禅寺のホームページはこちら

関連記事